魁!キャッシング塾!

魁!キャッシング塾 | お金を借りる方法総まとめ

キャッシングやお金のあれこれをわかりやすく

即日キャッシングするための6つのテクニック

読了までの目安時間:約 9分

 

キャッシング初心者が知っておくとためになる情報みたいなものってありますか?
色んな業者があるのでそれぞれのHPをチェックしたりしていますが、全部の消費者金融に共通するようなことがあれば教えて欲しい。

 

初めてのキャッシングは不安や心配がつき物です。
これは知っておいたほうがお得で即日キャッシングをするために役立つという情報をまとめています!

JJ145_72A

今日中にお金が必要だけれど、どうしよう…。銀行や消費者金融に頼んだら、即日でキャッシングをさせてもらえるだろうか。そんな心配を抱えている人にとって、役に立つ情報をまとめてみました。
即日キャッシングをするには、申込み方からキャッシング業者の選び方まで、それ相応のテクニックを駆使する必要があります。といっても、やり方はとても簡単です。即日キャッシングのテクニックを6つにまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

1.大手消費者金融に申し込む

確実に即日キャッシングの審査を通過したいのなら、大手の消費者金融に申し込むのがおすすめです。大手消費者金融は、口座振込とATMからの借入ができます。借入の方法が多い分、即日キャッシングの可能性が高いです。
一方、中小の消費者金融は審査が通りやすいですが、借入の方法が口座振込だけに限定されてしまいます。
加えて、中小の消費者金融に申し込むのは、危険な場合があります。消費者金融に詳しい人が申し込むのなら心配ありませんが、あまり詳しくない人が申し込むと、そうと知らずに悪質な消費者金融(闇金)に申し込んでしまう可能性があるからです。
やっぱり、向こうが私たちを審査してお金を貸す相手を選んでいるように、私たちもお金を借りる相手を選びたいですよね。
大手の消費者金融は、CMのクリーンなイメージの通りの営業をしているので安心です。もし、大手消費者金融が、法に触れるような悪質な営業をやっていたとしたら、噂はすぐに広まり、客足は途絶え、経営できなくなってしまいますから。
大手消費者金融は、銀行よりも審査に厳しくなく、何より審査スピードが早いのが長所です。即日キャッシングや、最短で30分以内に審査回答があるのは当たり前、という業界最速を誇っているので、急ぎの場合はとても頼りになりますよ。

大手消費者金融で、特におすすめなのは、アコム、プロミス、モビットです。
サービスでは、新生銀行カードローンレイクもおすすめです。新生フィナンシャルに吸収されたレイクは、新生銀行のカードローンになったので、総量規制の対象とならないのがメリットとなります。
即日キャッシングを狙うのなら、銀行はあまりおすすめできません。銀行は金利は安いですが、審査が厳しく時間がかかります。また、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行などとは異なり、即日キャッシングできない銀行も多いです。

JJ105_72A

2.本人確認書類を用意しておく

キャッシングには、本人確認書類が必要になります。具体的には次のようなものが必要です。
・運転免許証
・各種保険証
・パスポート
大手消費者金融のアコムとプロミス、モビットは、本人確認書類を上述の3つと定めています。
アイフルにおける本人確認書類は、先ほどの3つに、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書などが加えられます。
オリックス銀行のカードローンのように、住民票の写しも本人確認書類として有効な場所もあります。ただし、審査条件によっては、追加で書類が必要になる場合があるので注意が必要です。
したがって、本人確認書類は、ほとんどのキャッシング業者で本人確認書類とされている運転免許証、各種保険証、パスポートのいずれかを用意するのが、即日キャッシングのためにはベストとなります。

3.インターネットで申し込む

キャッシングの申し込み方は、店頭、電話、自動契約機などさまざまですが、即日キャッシングを狙うのなら、インターネットで申し込むのがおすすめです。インターネットでの申込みのメリットは、24時間いつでも受け付けているので、自分の都合の良い時間に申し込めることです。したがって、スマホを使って電車の中で申し込んだり、仕事の休み時間に申し込んだりできます。ネット上で、審査結果をすぐに確認できるところも嬉しいですよね。
一昔前は、店頭に赴いたり、電話をしたり、とお金を借りるには、キャッシング業者のスタッフとやり取りをしなければいけませんでしたが、現在は、家でパジャマ姿のままインターネット上のやり取りだけで、お金を口座に振り込んでもらえるようになりました。必要な書類もスマホで撮影してデータを送ればいいので、郵送の手間が省けます。書類を忘れてしまい、家に取り戻ることもないのがとても楽チンですね♪

4.50万円未満を希望額にする

50万円以上のキャッシングは、収入証明書を提出することが必要です。しかし、収入証明書は本人確認書類と異なり、すぐに用意できない場合があります。
収入証明書は、以下のようなものになります。
・最新の源泉徴収票
・最新の確定申告書
・直近二か月の給与明細書と、賞与明細書がある場合は直近一年分
・市民税・県民税決定通知書
・課税証明書あるいは通知書
・所得証明書あるいは通知書
これらの所得証明書をもらうために市役所に寄ったり、家に戻ったりする時間がない場合は、収入証明書を提出する必要がない50万円未満のキャッシングをするのがおすすめです。

JJ119_72A

5.口座振込を利用する

特定の金融機関の口座を持っている人は、口座振込で即日キャッシングができる可能性が高いです。キャシング業者には、それぞれ提携している金融機関があるので、その金融機関の口座を持っていると、振込受付の時間が延長されたり、24時間365日いつでも振込が可能になったりします。
■プロミス
ジャパンネット銀行、三井住友銀行の口座があれば、プロミスと銀行のメンテナンスの時間以外は、振込が24時間365日いつでも可能になり、受付完了から1分程度でお金が口座に振り込まれます。
■アコム
ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行の口座があり、かつ初めてキャッシングする場合に限り、振込時間が延長されます。具体的には、平日の18時までに振込を受け付けたならば、その日の19時までにお金を振り込んでもらえます。
また、楽天銀行の口座を持っていれば、アコムと楽天銀行のメンテナンスの時間以外は、24時間365日いつでも振込を受付けてもらえます。こちらも、振込を受け付けてから1分ほどでお金が口座に振り込まれます。
■新生銀行グループ ノーローン
ノーローンも、アコムと同じように楽天銀行の口座を持っていると、業者のメンテナンス時間以外は、いつでも口座に振り込んでもらえます。

6.自動契約機を利用する

楽天銀行や三井住友銀行などの口座を持っていない人が、口座振込でキャッシングする場合は、平日の14時までに振込操作をしておかないと、当日中にお金を振り込んでもらうのは難しくなります。銀行の営業時間の関係で、振込が受け付けられる時間を過ぎてしまうと、口座への振込は翌営業日以降になってしまうのです。
銀行の営業時間を過ぎている、あるいは、銀行が休みの日に即日キャッシングを狙いたい人は、自動契約機を利用しましょう。アコム、プロミス、モビット、アイフルなどの大手消費者金融の自動契約機ならば、全国のいろいろな場所にあるので探す手間が省けます。
新生銀行カードローンレイクの自動契約機も全国にありますよ。
自動契約機でキャッシング契約を結ぶことができれば、即日キャッシングは目前です。
自動契約機で発行してもらったカードを使えば、消費者金融のATMや、提携ATMですぐにキャッシングをすることができます。
ほとんどの自動契約機は、21:00まで営業しているので、仕事帰りに即日キャッシングを狙うことも可能です。その場合、あらかじめインターネットで申し込みをしておくと、審査がスムーズとなり、契約までの時間を短縮することができておすすめですよ。

JJ052_72A

 

タグ :

お金の借り方 インターネットキャッシング 即日のキャッシング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る